【運営者向け】サッカースクールのホームページが抱える課題

サッカースクールのホームページが抱える課題

全世界で最も人気のあるスポーツといえば、もちろんサッカーです。

近年は、継続しているサッカー人気と「より良い指導を受けさせてあげたい」という保護者の増加によって、サッカースクールに通う生徒が増えてきています。

また、海外クラブのスクールが日本に上陸したり、プロ選手がサッカースクールの運営に乗り出す、スクール運営事業を手掛ける人が増えきたりと、サッカースクールの数も以前と比べるとかなり増えてきています。

そこで課題となっているのが、差別化と集客です。

差別化に関しては「サッカー×英語」など、新しい要素を組み合わせることで新しい価値を生み出しているスクールが出てきたりしています。

競合が増えていることによって多くの課題が出てくるサッカー運営ですが、今回は特に「サッカースクールのホームページが抱える課題」について見ていきます。サッカースクールのホームページを作られていただく機会がありましたので、100ほどのスクールサイトを見て考えてみました。

サッカースクールのホームページが抱える課題

1.Webが得意な人材がいない

まず第一にサッカースクールの運営者の中にWebに詳しい人材がいないことが挙げられます。近年、ビジネスにおけるインターネットの重要性は高まるばかりであり、Webを活用できるかどうかは売上に大きく影響してきます。

サッカースクールの運営者はサッカーを長年やってきた方が多く、Webに詳しい方は少ない傾向にあります。スクール運営にインターネットを活用していくとなると悩まれる方が多いのではないでしょうか。

2.デザインが古くなっている

ホームページはあるものの、ずっと前に作ったものでデザインがかなり古くなってきているものが多いです。3年以上前に作られたものに関してはホームページをリニューアルした方が良いです。

というのも、最近ではインターネット利用者/利用時間の増加とスマートフォンでのインターネット利用者増えているので、「ホームページに拘る」・「スマホ対応させる」ことが必要になります。

3.スマホ対応していない

スマートフォンに最適化されていないホームページが非常に多いです。ですが、最近ではインターネットを利用する際にスマホしか使わない人が増えています。20代・30代女性の3割ほどはスマホでしかインターネットをしないようです。

スマホ表示に最適化されていないホームページは、スマートフォンで見た時に文字が小さくなり過ぎてしまってかなり見づらいです。見づらいホームページはユーザーにとってストレスを与えていまいます。

すると、どんなに内容が良くても中身を読んでもらうことができません。これってとてももったいないですよね。

4.SNSを活用できていない

SNSを活用しているサッカースクールはかなり少ない印象でした。ですが、TwitterやFacebook、インスタグラムなどのSNSには膨大な数の利用者がいて、日々情報発信・情報収集をしています。もちろんここには、サッカーをしているお子さんを持つ保護者の方も含まれます。

そこで、その保護者の方にアプローチできれば、サッカースクールの認知へと繋がり、興味を持ってもらえれば実際に入会してもらう可能性が高まります。

5.SEO対策がなされていない

SEO対策とは、検索エンジン対策のことです。Googleなどの検索エンジンを利用した際に検索結果に自社のホームページの情報が掲載されるようにすることを言います。

「サッカースクール+地域名」などでSEO対策ができていると、そこからホームページへアクセスを集めることが可能です。入会意欲の高いユーザーにホームページへのアクセスを促すことができれば、ここから入会の連絡が来ることとなります。

とはいえ、SEO対策がなされていないホームページが多く、Webを上手に活用できているスクールはかなり少ないように見えます。(名波選手の弟が運営されている「SKY」なんかは、YouTubeなどの動画も活用されているみたいですね。)

でも、ホームページにお金をかけられない

スクール運営者において、ホームページはとても重要な集客ツールです。なぜなら、「現代人は何でも検索して調べるから」です。

  • A君が通っているサッカースクールってどんなんだろう
  • うちの近くにサッカースクールってないのかな
  • 通える範囲のサッカースクールを比較してみたい

昔は本人や保護者に直接聞いて「じゃあ、うちの子にも通わせてみようかな。」となっていたのが、今ではその中間行動として「どんなことをしているのかインターネットを通じて調べる」ことをします。

その時にホームページが「ずっと前に作られたまま更新させていない古いデザインのもの」であったら少し不安になってしまいますよね。

逆に、ホームページが魅力的なものであれば、「うちの子にも通わせてあげたい」という欲求が強くなります。他のスクールと比較した際にもホームページの良し悪しによって評価が変わってくるので、できたらホームページにはこだわっておきたいものです。

ホームページにかけられる予算はスクールそれぞれだと思いますが、仮に受講料が一人当たり月5,000円(週一での活動)であったとすれば年間60,000円の売上に繋がるので、ホームページによって年5人の生徒を増やす効果があるとすれば、売上を年300,000円増やす効果があることになります。(生徒1人当たりの平均継続期間を12か月で計算)

スクール運営にかかる費用は生徒が増えたとしても基本一定であるので、増加分の売上は直接利益に結びついてきます。

となるならば、ホームページに拘るべきであることは明白です。

ATTRACTでは、スクール運営を円滑にサポートするためのホームページ制作サービスをリーズナブルな価格設定で運営しているので、ご興味ある方は気軽にご相談ください。

ご予算に応じてベストな提案をさせていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

まずは無料で相談してみる


新規・リニューアルでのホームページ制作をお考えの方は、まずはATTRACTへご相談ください。ご予算やご要望を踏まえた上で最適な提案をさせていただきます。

「まだ具体的には決まってないけど、どうしたらいいか分からない…」という状態でも大丈夫です。全国どこへでも無料出張も行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA