企業サイトをCMSで便利にしよう。

企業サイトをCMSで便利にしよう

企業規模や業種に関わらず、ホームページにCMSを利用するのは当たり前になってきました。

ですが、ずいぶん前に一度ホームページを作ったきりの企業様の多くは、まだHTMLサイトを利用しているようです。公式ホームページはHTMLのものを使って、ブログはアメブロに書いている方もよく見かけますね。

このCMSという言葉に馴染みがない方も多いと思うので、その意味と必要性についてご説明させていただきます。

CMSとは?

CMSとは、Contents Management System(コンテンツ管理システム)の略で、簡単に言ってしまうとホームページの情報を専門知識のない人でも簡単に更新/編集/削除できるように作られたシステムのことです。

代表的なCMSはWordPressというものですが、CMSを導入すると運用者はページを更新する際に、テキストと画像を登録するだけ済みます。HTMLサイトのように、更新する度にHTMLの知識がある人間に頼む必要はありません。

ブログ記事を更新することはもちろん、企業の事業情報を発信する際にも非常に便利です。更新コストを考えると確実にCMSを構築しておいた方が良い局面が度々訪れることでしょう。

※ブログをアメブロなどのブログサービスで運用している方は、 CMSへの移行をお勧めしています。

CMSのメリット

CMSのメリットをまとめておきます。

  •  Webの専門知識が不要で使える
  •  ホームページの更新/管理/修正/削除が楽チン
  •  普通のページなら更新費用がかからない
  •  SEO施策も簡単に行える
  •  低コストでホームページを運用できる
  •  個人ブログ/ホームページ/ECサイトなど様々な用途で使える

いかがでしょうか?

企業サイトにCMSが好まれている理由はやはり、専門知識のない人間でも簡単に扱えるからです。個人や中小企業にとっては、ページの更新費用が不要になる点もCMSを導入する判断基準になります。

CMSの導入はホームページにおいて、必須と言っても良いかもしれません。